ネットワーク杉並こことってどんなネット?


1 『ネットワーク杉並ここと』は、杉並区で草の根ネットを運営する自主グループ

2 誕生のきっかけは区主催の福祉機器展

3 初心者講習会は出会いと交流の場

4 役に立つ情報は個人が持っている

5 電話線の向こうに顔が見えるネットに

6 入会方法と会費など

1 『ネットワーク杉並ここと』は、杉並区で草の根ネットを運営する自主グループ


 1992年に10人ほどからはじまったこのグループは、現在約120人の会員がおり、その約4割はなんらかの障害がある人で構成されています。
 障害の種類は肢体不自由・視覚・聴覚・言語・内部・精神障害など様々で、年齢層も10代から70代と幅広い人たちが集っています。
 このネットの特徴は、「初心者のネット」であること。そして障害がある人へのサポートを会員みんなで考えていこうというスタンスを持ち続けようということです。また、直接顔をあわせる交流を重視して「初心者パソコン通信講習会」を月に1度のペースで開催しています。

タイトルへ戻る

2 誕生のきっかけは区主催の福祉機器展


 会をつくるきっかけになったのは、杉並障害者福祉会館の主催した「福祉機器展(コ ミュニケーション機器)」でした。
 この場に設けられたパソコン通信の実演コーナーには、全国から電子メールによるメッセージが寄せられ、会場とネット上に参加した人たちとの間は、文字によるおしゃべり(チャット)で盛り上がりました。その数なんと30人!
 会場に置かれたワープロの画面にはいろいろな地域の、様々な障害を持つ人たちの発するメッセージが踊りました。会場はワープロの画面をビデオカメラで映した大画面テレビに釘付けです。
 さらに画面上でのおしゃべりを通じて、では会場に行ってみようという近郊の人達が実際に来場するにおよんで、参加者一同パソコン通信の威力を強く実感することになったのでした。
 障害の有無や種類を越えたコミュニケーションの手段として、こんな便利な方法があるのなら、自分たちでも作ってみようというのが「杉並ここと」のスタートです。

タイトルへ戻る

3 初心者講習会は出会いと交流の場


 パソコンは、コミュニケーションに障害がある人にとって、画期的な道具となることは間違いありません。しかし、使いこなすまでには、いくつもハードルを越えなければならないこともまた現実です。そこで、パソコンに触るのは初めてという人でも気軽に参加できる勉強の場として、「初心者講習会」を持つことにしました。
 機材も会員の持ち寄りで始めたこの講習会、講師は専門家ではなく最近初心者を卒業した人が担います。なぜなら、自分がつまづいたところを、専門用語を使わず自分の言葉で説明することで、受講者が気後れなく参加できるようにというねらいがあるからです。コンピューターの知識が豊かな人は、受講者の個別サポートに回ってもらいます。
 パソコン通信を使えるようになれば、質問もネット上で行えるため、とりあえず通信ができるまでを目標に毎月同じ内容で行っています。誰でも参加できる講習会という位置づけですから予約や費用はいりません。
 会場である杉並障害者福祉会館までの交通手段として、同会館の通所バスを活用させてもらうことをはじめ、聴覚障害の方には手話通訳を、視覚障害の方にはテキストの点字版・テープ版の作成、肢体不自由の方には障害に対応した入力機器を工夫するなど、会員が手分けをしてできる範囲の環境づくりに努めています。
 どんな障害の人にもすぐ対応できるというわけにはいきませんが、みんなの力と知恵を寄せ集めると、解決の糸口が見つかることも多いという事がわかってきました。
 一方、この講習会は、一般に開放するとともに会員間の交流の場としても位置づいています。
 ネット上での文字による意見交換は、その人の持つニュアンスを伝えることが苦手です。人間関係を築くためには直接顔を合わせる場を持つことが欠かせない、というのが「ここと」の信条です。こうして毎月集まることができるのも、ちいさな地域ネットの良さだと思います。

タイトルへ戻る

4 役に立つ情報は個人が持っている


 さて、ネットで提供する情報の内容ですが、「福祉情報」「杉並情報」「初心者コーナー」をメインにして電子掲示板を構成しています。ここでは、行政やボランティアセンターからの情報も掲載していますが、個人からの書き込みが貴重な情報源となっています。
 障害の有無に関わらず、個人が感じていることや経験を発信することは、思いがけない出会いや広がりを生み出していきます。
 例えば、「荻窪あたりで車椅子でも入れる居酒屋はない?」という声に「○○なら店員さんも親切だしトイレも使いやすいよ」「2次会のコーヒーなら××がおすすめですよ」と応える、という具合です。
 「うちの近くの公園では、もう桜のつぼみがほころんでいます」という書きこみから「では、みんなでお花見に行こうよ」というように交流の場が生まれることもあります。
 脳性まひの障害がある方が自分の言葉で書いた「昔の杉並」という連載は、学童疎開にも参加できず空襲下の杉並を逃げまどった自分を綴り、他の会員に大きな衝撃を与えました。
 また、自分が困っていることを発信することで、問題解決の糸口が見つかることもあります。
 一人の会員からの「マウス(パソコンの機器)が使いにくい」という声がきっかけになって、では使いやすい機器を作ろうという会員達の知恵と技術が結集し、実際に「らくらくマウス」として実を結びました。この機器は、他の人にも使ってもらえるよう標準完成品とともに基板などの部品の状態でも販売することになり、現在は全国規模でサポートすることになりました。部品で販売というのは、「その人に合わせたスイッチやサイズを工夫できるように」という思いが込められているのですね。
 ネットワークには様々な経験と感性を持った人が参加しています。それぞれが自分のできることを伝え、できることがつながることで大きな力を生む、というのがこれまでの経験から得たものです。

タイトルへ戻る

5 電話線の向こうに顔が見えるネットに


 会長の田中さんは重度障害の青年です。彼は文字を書くことも話すこともできませんが、足の指でキーボードを操作して意思を伝え、コンピューターのプログラムを作ります。
 電子掲示板に書かれた彼の文章を読む時、会員は講習会で出会った彼の表情を思いうかべているはずです。文字に込めた彼の思いが電話線を通して誰かに伝わるとき、受け取った人にもまた「思い」が生まれることでしょう。
 障害がある人へのコミュニケーションの保障は、ともに暮らす地域のコミュニティを生み出すための前提でもあります。
 田中さんの夢は、パソコン通信ネットワークを使って、障害がある人への日常的な介助体制をサポートするシステムを作ることだそうです。

タイトルへ戻る

6 入会方法と会費など


 ネットワーク杉並こことの会費は、1年間2000円となっています。
 入会をご希望の方は、トップページにあります代表メールアドレスに入会申込書をご請求ください。折り返し規約・入会申込書・振替用紙等の必要書類を郵送いたします。

 
タイトルへ戻る こことの紹介へもどる